鑑定書・鑑別書・保証書の違いについてご説明いたします

kanbetu.jpg (12311 バイト)

鑑定書

ダイヤモンドには鑑定書、が発行されます。

鑑定書を発行するのは宝石鑑定士の集団、宝石鑑定鑑別書。世界に共通する基準で鑑定します。 鑑定は、4Cカラット・カット・クラリティ・カラーについて基準に沿って行われます。 一枚の鑑定書を作成するために二人の鑑定士がチェックするダブルチェックという方法を用いており カット・クラリティ・カラーは鑑定士の目と勘によるものだから、一人より二人の鑑定の方がより客観的な鑑定を目的としています。 鑑定書にはこれら4つの基準に沿ってグレードが記載されています。
現在、アメリカのG.I.A.(アメリカ宝石学研究所)と
イギリスのF.G.A.(イギリス宝石学協会)が世界で最も信頼度の高い鑑定機関とされています。
日本の鑑定機関も信用度は高く、 なかでも中央宝石研究所が有名です。 鑑定書は現在ダイヤモンドにだけ発行されています。天然のダイヤモンドのランク付けとそのダイヤモンドの形状などの特徴を克明に書きこんだものです。
1つのダイヤモンドに対して2人の鑑定士が鑑定し、チェックをしていますが4Cのうち、カラット以外の3つのCは鑑定士の目によるものなので鑑定機関や鑑定士によって多少の差がでてくることもあります。

 

鑑別書

色石(ルビー・サファイア・エメラルド等の貴石)には鑑別書が発行されます。

鑑別書とは、宝石の種類と天然かどうかという証明書であり
その宝石の価値を決める物ではありません。
宝石が本物であれば「天然○○と認む」と記入されています。
さらに、その宝石には人工的な処理が施されているか、もしされているのなら、どのような処理なのか
さらにはその宝石の硬度、比重、屈折率、偏光性、
多色性、蛍光性、分光特性などが記入されています。しかし、あくまでも宝石が鑑別された時点での状態です。鑑別書は、ルース(裸石)の状態で作成される場合と指輪などに加工されてから作成される場合があります。色石を鑑別するってことはその石が天然かどうかを判別するってことで、 まずは種類やホンモノ・ニセモノを鑑別。赤くってもルビーだかスピネルだかちゃんと識別される事が重要です。 それから加熱処理や張り合わせなどの人工的な処理が行われているかを検査します。 さらに機械を使って屈折率や硬度・多色性・比重・蛍光性・分光性・偏光性などその石の特性を測定。 これらの結果が鑑別書に記載されるんです。もちろん、サイズ・重量・カットなども表示されます。 そして「・・・天然ルビーと認む」といった具合に天然ものと鑑別されれば一安心。鑑定書も鑑別書もジュエリーの品質を知る大切な書類。この鑑定書や鑑別書はジュエリーを紛失した時やリフォーム時に品質を確認するためにも必要です。入手したら大切に保管する事をお勧め致します。

 

保証書

保証書は鑑定書や鑑別書と異なり、販売店が発行するものです。

保証書はあくまでもその商品に対する店側の保証なので宝石の価値を保証するものではありません。
アフターケアを受ける際に必要になってくるものですが、何を保証しているのか、どんな時にどんな保証を受けられるのかはその店によって違うので、確認しておいた方が良いでしょう。
また、修理などで、品物を購入店に持ち込んでも
一旦売れてしまった商品に関しては
店側が預り証に本来の宝石名を書くことはありません。例えばルビーなら「赤色透明石」というように記入されます。このことからも、宝石は買う時のチェックがかなり重要となっています。

鑑別書の見方

CONTENTS OF IDENTIFICATION REPORT

鑑別書には、宝石を科学的に分析・検査して、宝石の種類をはじめ、その成因、人為的処理が施されているか等が記載されています。鑑別書で最も大事な箇所は鑑別結果で、他の検査項目は鑑別結果を導き出すための過程を述べたものです。鑑別書には、品質を意味する表現、宝石の価格、産地は記載しないことになっています。

透明度と色  TRANSPARENCY・COLOR

検査石の透明度(透明、半透明、不透明)と色相を記載してあります。

カットの形式  STYLE OF CUT

宝石の外形と研磨された形状を記載してあります。一般的に宝石には原石からの歩留りが良く、その石の最高の色が得られ、しかも最大限の輝きが出るような方向にカットが施されています。下記に宝石の代表的なカットをご紹介します。(歩留り・・・研磨加工した後に残る比重の割合)

重量・刻印  WEIGHT

宝石の重量は、通常カラット(ct)で表示されます。1カラットは、0.2gです。その他、この項目には貴金属品位の刻印が記載されることもあります。重量の後に“(刻印)”と書かれているものは、リング等製品に入っている刻印をそのまま表示しています。 製品に加工されて重量の測定ができない石については、石の大きさから推定した重量と比較したうえでその刻印の通りの数値を記載しています。

寸法  SIZE

1・100mmまで測定した“縦・横・深さ”の寸法が記載しています。製品の形状によっては、測定ができないため、省略しているものもあります。

鑑別 IDENTIFICATION

以下の項目は、宝石を鑑別するためのテストで各項目の結果は、品質には関係のないものです。

屈折率  REFRACTIVE INDEX

光が空気中から宝石に入る時に、その境界で起きる屈折の度合いのことで、宝石の種類によって固有の値を持っております。

比 重   SPECIFIC GRAVITY

比重とは、物質の空気中の重量と同体積の水の重量との割合です。宝石にはその種類によって固有の比重をもっております、製品の場合は、石の比重測定が出来ませんので、“セットのため測定不可 ”と記載してあります。

偏光性   POLAR

光が宝石に入り屈折をする際、内部で2本に分裂して屈折するものがあります。この現象を複屈折性、1本のまま分裂しないものを単屈折性と呼びます。これらは、宝石の種類によって決っています。

多色性 PLEOCHROISM

複屈折性の有色の宝石を見た時に、方向によって色が違って見えることがあります。この性質を多色性と呼び、宝石の種類によって色の見え方が異なります。

蛍光性 FLUORESCENCE

宝石などの物質に紫外線を当てると、これが刺激となりその宝石特有の人間の眼に見える色の光に変化して発散されることがあります。この性質を蛍光性と呼び、宝石の種類によって蛍光性は異なります。

分光性   ABSORPTION SPECTRUM

一見同じ色のように見えても、宝石の種類によってその色が着いている原因は違うものです。この検査は宝石に光を当て、そこから返ってくる光や透過してくる光を各波長に分解して、検査する宝石の特徴的な光の吸収を調べています。

拡大検査 MAGNIFICATION

宝石用実体顕微鏡を用い、数十倍に拡大した状態で宝石内部を検査し、天然特徴やその石特有の特徴を調べています。

備考 COMMENTS

検査石や商品に関する特記事項を記載しています。

エンハンスメント ENHANCEMENT

宝石の種類によっては、カット、研磨加工以外に、その宝石が有する潜在的な美しさを引き出す目的で人的手段が加えられることがあります。これをエンハンスメントと呼びます。どんな宝石でもエンハンスメントで美しくなるのではなく、その宝石の生まれ持った因子で決定され宝石の色や外観を改良する効果が異なるのです。エンハンスメン トは、古代からある種の宝石に対してはごく当り前に施されていたもので、商習慣では“天然”として取引きされて来ました。しかし今日では、情報公開は世界的な潮流であり、日本でも1996年から宝飾業界のコンセンサスを得てエンハンスメントの情報公開が実施されています。

★SARAS★サラス
www.saras.co.jp

Copyright (c) フレンズ サラス All rights reserved.
※サラスパワーアップブレスレット・ネックレス・アイテムは有限会社フレンズの登録商標です。